Empress Effects / ECM-519 500 series FET Compressor 【★限定復活決定!ご予約受付中です!★】【★カナダの天才エンジニア集団がデザインした傑作コンプレッサー!★】

Empress Effects / ECM-519  500 series FET Compressor 【★限定復活決定!ご予約受付中です!★】【★カナダの天才エンジニア集団がデザインした傑作コンプレッサー!★】
Empress Effects / ECM-519  500 series FET Compressor 【★限定復活決定!ご予約受付中です!★】【★カナダの天才エンジニア集団がデザインした傑作コンプレッサー!★】

★限定販売について★

今回Empress Effectsでは、シニアプロダクトアッセンブラーのマイクをECM-519の製造に任命し、限定でECM-519の生産を再開します。

現在は注文を受け付けていますが、部品の調達状況や、受注台数によっては受付が再度締め切られます。

完全に在庫がなくなってしまう場合には販売が終了される予定です。(予告なく終了する場合がございます、あらかじめご了承下さいませ。)

*API 500互換の電源ラックが別途必要です

★こちらの商品は受注生産品となります。

納期:ご注文(ご予約)を頂きました後、ご案内をさせて頂きます。

¥108,900 (税込)

数量

このAPI 500シリーズ互換のコンプレッサーは完璧な回路設計と斬新なアイデアによって、パーフェクトな仕上がりとなりました。

出力トランスと電子バランス回路を切替えてサウンドの質感を変化させられるxformer、サイドチェイン・フィルター、従来にないアイデアが投入されたオートモード、パラレルコンプレッションの為のミックス機能など、幅広いアプリケーションに対応できる機能性が魅力です。

また新機軸のアイデアを投入した2つのオートモードを使用すれば、従来にナチュラルさを備えたコンプレッサーサウンドを体感できます。

バリエーション豊かで『完成度の高い音質』は全てのエンジニアやミュージシャンを虜にするでしょう。

Sample Setting

ユーザーコメント!

「信じられないほど多彩なコンプレッションとトーン…こいつは奥が深いよ!」
– Ryan Hewitt
Red Hot Chili Peppers, Blink 182, Tom Petty, The Avett Brothers

「ECM-519は素晴らしいフィードバックFETコンプレッサーで全を備えている。私はいつもトランスを選択する事でアナログのキャラクターが必要なデジタルオーディオ素材をサチュレートさせるために使用してきました。ドラムにスナップを加えるのにも最適で、特にオートモードはフィンガーピックのアコースティックギターで魅力的な働きをします。そしてもしリミッティングしずぎてしまったとしても、ミックスノブが私を現実に戻してくれるでしょう。Empressorというニックネームが付けられているのも納得です!」- Dylan Dresdow
Black Eyed Peas, Michael Jackson, Usher

「本当にすごくいい。ものすごく速いぜ。」
– Tim Gilles (Slipperman)
Thursday, Catch22, The Bouncing Souls, Taking Back Sunday

「オーバーヘッドを激しく叩いて、トランスを使わずにミックスノブを戻してクリーンな状態を保つのが最高なんだ!」
– Jonathan McMillan
Ellie Goulding, Stereophonics, The 1975, Jack Johnson

「すぐに思い浮かぶのは、音楽的、音楽的…音楽的っていったけ?」
– Ross Murray
Great Big Sea, The Mighty Popo

「ECM-519は、あのDistressorの半分の価格とスペースで、Distressorと同じように多用途に使用できます」
– Mixerman
Foreigner, Ben Harper, Hilary Duff

「Empress 519コンプレッサーを手にしてから、これを使わないセッションはないね。もっとたくさんあればよかったと思うくらいだ!」
– Steve Foley
Kellylee Evans, J. Cole, Prairie Oyster

xformer機能について

ECM-519は出力トランスフォーマーを搭載していますが、このトランスをバイパスして電子バランス出力に切り替えたり、トランスに適度に負荷を与える事でより大きなサチュレーションを得るなど、サウンドのバリエーションが楽しめます。3段階のxformerスイッチがoffポジションではトランス出力は、よりサウンドへの色付けの少ないクリーンなサウンドが特徴の電子バランス出力に変更されます。onポジションではトランス出力を有効にしてトランス特有のスムースで美しいハーモニクスがサウンドに加わります。loadedポジションではより倍音感が増して、ビンテージ機器のようなシルキーでリッチなサウンドの質感が得られます。

【xformer ポジションによるサウンド質感の違い】

off 出力トランスは使用せずにアクティブ・バランスの出力回路を有効にします。よりクリーンで透明感のある周波数特性の良いサウンドが特徴です。
on 出力トランスを有効にします。オーディオトランス特有のアナログ質感とサチュレーションが加わり、温かいトップエンド、太いローミッドが特徴です。
loaded  出力トランスに適度に負荷を与える事で、より大きなサチュレーションを得ることができます。ビンテージ機器のパンチ感と美しい倍音を再現できます。ボーカルやシンバルのサウンドコントロールにも最適です。

アナログ・オプティマイザーとしての使用

ECM-519を通すことで得られるトランスフォーマーによるアナログ質感のみをサウンドに適応できます。MIXノブを100%ドライにセットすることでをコンプレッサー回路の影響なく、原音にサチュレーションのみを加えるアナログ・オプティマイザーとして機能します。またoutputノブをより大きく設定することでアナログの質感をより原音に追加することができます。

オートモードについて

オートモードでは入力信号に応じてリアルタイムでアタックタイムとリリースタイムを変化させ、その音楽のリズムやフレーズに対応したコンプレッション・コントロールを作り出します。

オートモードでは役割りを分けられた2つのディテクターが用意されており、それらは同時にプロセスを行いコントロール信号を生成します。一つは高域に対してとても高速で動作します、入力されたシグナルのピークを確実に捉えます。もう一つは低域に対してゆっくりと動作するディテクター、これにより全体のシグナルはスムースにトリートメントされます。

また各レギュレーターのスレッショルド、レシオも同時に周波数に応じて変化を持たせています。この2種類のディテクターの組み合わせから、確実なレベルコントロールと、極めて透明感の高いピュアサウンドを両立させたコンプレッションが得られます。これは従来のアタック&リリース・コントロールのコンプレッサーでは成し得ない芸当です。

・Auto mode 1
このモードは一般的なダイナミクスコントロールに最適です。たとえばボーカル録音のトラッキング時にピークを調整しスムースな出力を得るのにも適しています。とても自然なサウンドコントロールを実現できます。また各トラックをミックスに馴染ませるような効果にも適していて、その場合にもサウンドの瑞々しさを一切失いません。

・Auto mode 2
アコースティックギターなどに最適なモードです。アタックはよりオープンで、一切トランジエントを失うことなく、存在感のあるビッグサウンドを演出できます。トラックをミックスの中で前に出すことが可能です。ミックスバスに適応して全体のパンチ感を強調するのにも適しています。

High Pass Filterについて

サイドチェインのハイパスフィルターを設定可能です。

・120Hz – 低域にコンプレッションが反応しすぎないように設定できます。ミッドレンジをスムースにする効果があります。

・220Hz – ギターなどに適しています。ローミッド系の楽器サウンドがコンプレッションで”ポンピング”しずぎないよう設定できます。

Specification
Input Impedance 48 kOhm
Output Impedance 50 Ohm (600 Ohm with transformer)
Frequency Response (-3dB) 10Hz – 35kHz
Power Consumption 120mA per rail
Height 134mm
Width 39mm
Depth  API準拠(170mm:突起物含む)
Form Factor API 500 Series 1U module
Output Level up to +22dBu
Input Level    up to +22dBu
Attack Range (manual mode)   50us – 50ms
Release Range (manual mode) 50ms – 1s
レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。

オススメ商品