iZotope / RX 9 Standard Upgrade Any previous version of RX Standard, RX Advanced, or RX Post Production Suite

iZotope / RX 9 Standard Upgrade Any previous version of RX Standard, RX Advanced, or RX Post Production Suite
iZotope / RX 9 Standard Upgrade Any previous version of RX Standard, RX Advanced, or RX Post Production Suite

本製品はアップグレード版(Upgrade)です。
本製品をご利用いただくには、下記のいずれかの製品が必要となります。

RX 8 Standard(いずれかのバージョン),RX Advanced(いずれかのバージョン),
RX Post Production Suite(いずれかのバージョン)

上記の対象製品をいずれもお待ちでない場合、本商品のみを購入してもご利用いただけませんので、ご注意ください。

※こちらの商品はご封筒(シリアル納品)での発送となります。

¥22,990 (税込)

在庫あり

数量

オーディオリペア界に君臨するNo.1ソフトウェア

世界中のポストプロダクション・音楽業界のプロから最も信頼されるRXは、輝かしい受賞歴を誇る業界標準オーディオリペアツール。iZotopeが積み重ねてきた研究と共に、RX 9は更なる高みへ。

RX 8からの変更、追加点

Dynamicモードが追加された「De-hum」

音源のクオリティを劣化させず、瞬時にハムノイズを除去するDe-hum。倍音が多いハムノイズやダイアログの周波数に近い帯域のハムノイズの処理に適した、ダイナミックモードが新しく追加されました。ノッチフィルタが1024個(従来のStaticモードでは16個)に増加され、ゲインもインプットシグナルに合わせて変化する仕様となっています。

新機能「Restore Selection」が追加

既に処理を施したリージョンを選択し、その部分だけをHistory Listを遡ってUndoするRestore Selection機能が追加されました。これによりHistory Listから選択した工程まで全て遡ってしまうことなく、指定した処理のみ、指定オーディオ範囲のみ元に戻すことが可能となりました。

History List の閲覧数が大幅に増加

以前は5ステップまでしか閲覧できなかったUndoヒストリーが、30ステップまで閲覧できる仕様に変更されました。

Logic 内で Spectral Editor が使用可能に

ARA対応により、RXをスタンドアローンで立ち上げることなく、Logic内でSpectral Editorで波形編集をすることが可能に。(Spectral Repairモジュールに近い機能が利用可能です)

動作環境

対応OS

Mac: macOS Mojave (10.14.6) – macOS Big Sur (11.6)
Windows: Windows 10

対応フォーマット

AAX, AU, VST2, VST3 (全て64–bitのみ)

対応ホスト

Logic Pro
Pro Tools 2021
Live 11
Cubase 10.5 – 11
Nuendo 11
Studio One 5
Reaper 6
FL Studio 20
Audition CC
Premiere Pro CC

店頭にてお試し可能!

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。