NEUMANN / U 47 FET i 【★Neumannの傑作機・U 47 FET iの復刻版!★】

NEUMANN / U 47 FET i 【★Neumannの傑作機・U 47 FET iの復刻版!★】
NEUMANN / U 47 FET i 【★Neumannの傑作機・U 47 FET iの復刻版!★】

お取寄 ※納期に関して:お問い合わせ頂いた際に納期をご案内させて頂きます。

お問合わせページよりお問合わせください。

¥601,700 (税込)

お取り寄せができます

数量

レジェンドが生まれ変わる

1972年に伝説のチューブマイクU 47の後継機として導入されたU 47 fetは、それ自体がノイマンのクラシックとなりました。その滑らかでありながら明確なキャラクターは、70年代のサウンドを形作っていました。長い休止期間を経て、U 47 fetは、同じコンポーネントを使用して丹念に再現され、ついに再び入手可能となりました。真のクラシックでありながら、時代遅れではありません。

70年代のサウンド

“スムース”という言葉は、70年代の理想的なサウンドを最もよく表している言葉です。当時の新しいU 47 fetは、まさにそのサウンドの一部でした。1972年に発表されたU 47 fetは、真空管の前身の洗練されたサウンドバランスと、新たな透明感と使いやすさを兼ね備え、すぐにスタジオの人気者となりました。80年代半ばになると、レコードがますます激しくなるにつれ、滑らかなU 47 fetはボーカル・マイクとしての人気を失い、製造中止となりました。しかし、何年もの間に、トップエンジニアはギターキャビネットやキックドラムの前でU 47 fetの新しい用途を発見しました。やがて、ボーイズ・グループのポップスからヘビー・メタルまで、有名なボーカリストたちがU 47 fetを汎用性の高いボーカル・マイクとして再確立しました。そして現在、人気の高い要望により、再び生産が再開されています。

時代遅れとは程遠い

U 47 fet は、1949 年から1960 年にかけてレコーディングと放送業界に革命を起こした伝説のチューブ式の前身である U 47 と同じ K 47 大型ダイアフラム・コンデンサー・カプセルと同じヘッドグリル・デザインを採用しています。音の連続性を保つために、U 47 fet も同様に特大の出力トランスを使用しています。それ以外では、そのトランジスタ化されたヘッドアンプは驚くほど先進的なデザインであり、ノイマンの最先端のエンジニアリングの証です。この「ヴィンテージ」マイクのダイナミックレンジは119dBです。

U 47 fetは、最大137 dB、-10 dBパッド・スイッチをオンにした状態では147 dBまでの極端なSPLを扱うことができます。これは、滑らかなトップエンドと豊かなミッドレンジと共に、U 47 fetを金管楽器やエレキギターのような明るく大きな音の楽器に最適なマイクにしています。また、非常にクリアで乱れのないローエンドは、アップライト・ベースやベース・キャビネットに最適です。多くのトップエンジニアがU 47 fetをキックドラムの前に設置するための究極のマイクと考えています。同時に、美しいバランスのとれたレスポンスと、ミックスの中での存在感を高めるために中音域の上層部を控えめにブーストすることで、クルーナーやスクリーマーにも最適なボーカル・マイクです。

U 47 fetには、独自の片側スイベルマウントが付属しており、ポジションを取りやすくなっています。パッドとローカットのスイッチはマイクの背面からアクセス可能です。XLRソケットの横にある追加スイッチでは、出力信号を6dB減衰させることができ、これはローヘッドルームのビンテージプリアンプとの組み合わせで便利な機能です。

  • 古典的なU 47フェットの正確な再現(1972年~1986年
  • 伝説のU 47チューブマイクのソリッドステート後継機
  • 抜群の存在感を持つバランスのとれたサウンド
  • カーディオイドパターン
  • 大型出力トランス
  • 低い自己雑音と巨大なSPL能力

仕様

音響的動作原理 圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性 カーディオイド
周波数特性 40 Hz…16 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で 8 mV/Pa
最大 SPL for THD 0.5%2) 137 dB
動作電圧 (P48, IEC 61938) 48 V±4 V
消費電流 (P48, IEC 61938) 0.5mA
接続コネクタ XLR3F
重量 約 710 g
寸法 φ63×160mm
梱包内容 U 47 FET マイクロフォン ・木箱
音響動作原理 Pressure gradient transducer
Directional Pattern Cardioid
周波数帯域 40 Hz … 16 kHz
Sensitivity at 1 kHz into 1 kohm 8 mV/Pa = –42 dBV ± 1 dB
Rated Impedance 150 ohms
Rated load impedance 1 kohms
Equivalent noise level, CCIR 1 25 dB
Equivalent noise level, A-weighted 2 18 dB-A
Maximum SPL for THD 0.5% 3 137 dB
Maximum SPL for THD 0.5% with preattenuation4 147 dB
Signal-to-noise ratio, CCIR (re. 94 dB SPL) 5 69 dB
Signal-to-noise ratio, A-weighted (re. 94 dB SPL) 6 76 dB
Maximum output voltage -3.3 dBu
Supply voltage (P48, IEC 61938) 48 V ± 4 V
Current consumption (P48, IEC 61938) 0.5 mA
Matching connector XLR 3 F
Weight 710 g
Diameter 63 mm
Length 160 mm
1) according to IEC 60268-1; CCIR-weighting acccording to CCIR 468-3, quasi peak; A-weighting according to IEC 61672-1, RMS
2) according to IEC 60268-1; CCIR-weighting acccording to CCIR 468-3, quasi peak; A-weighting according to IEC 61672-1, RMS
3) measured as equivalent el. input signal
4) measured as equivalent el. input signal
5) according to IEC 60268-1; CCIR-weighting acccording to CCIR 468-3, quasi peak; A-weighting according to IEC 61672-1, RMS
6) according to IEC 60268-1; CCIR-weighting acccording to CCIR 468-3, quasi peak; A-weighting according to IEC 61672-1, RMS

DIAGRAMS

Cardioid U 47 fet i

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。