WAVES / UM225 / UM226【★ステレオソースをサラウンド化するには、多くの経験が必要ですか?★】

WAVES / UM225 / UM226【★ステレオソースをサラウンド化するには、多くの経験が必要ですか?★】
WAVES / UM225 / UM226【★ステレオソースをサラウンド化するには、多くの経験が必要ですか?★】

※こちらの商品はメール(シリアル納品)でのご案内となります。

¥4,400 (税込)

数量

ステレオ素材をサラウンドソースへとリアルタイムにコンバート、帯域バランスなどの調整も可能なプラグイン。
UM225/UM226 Stereo-to-Surround Processorは、2chのステレオ素材を5.0ch/5.1chのサラウンドソースへとリアルタイムにコンバートするプロセッサーです。
音楽から映画のサウンドトラックまで、今日のフルマルチスピーカー環境の感動を得るため、オーディオエンジニアはありとあらゆるコンテンツをステレオからサラウンドにアップミックスしています。

オリジナルのマルチトラックセッションが利用できない場合、ステレオミックスを使用しなければいけません。 経験を積んだエンジニアはステレオ素材を最適なサラウンドにするにあたり、オリジナルミックスのキャラクターを維持することが必要だと知っています。
絶対レベル、相対レベル、空間の中での相対的な位置関係。同時に、リッチで包み込むような360°ミックスのためにセンター、リア、LFEチャンネルのポテンシャルを理解したがります。 UM225/UM226は特許取得済のセンター/リアチャンネル抽出プロセスとユニークなLFEチャンネルを豊かにするプロセスを同時に使用して、より良いセパレーションのワイドな広がり感を得られる、磨き上げられたサラウンドイメージを提供します。

特徴

  • 音楽や映画用のプロフィールモード
  • 正面にあるセンタースピーカーの明瞭度と分離度をエンハンス
  • LoAirがカットオフ周波数コントローラーを使用してLFEチャンネルを豊かに
  • リアチャンネルアンビエンスとディレイを調整可能
  • 直感的なサラウンドグラフ

エフェクトから音楽制作まで、用途は無限です

ステレオエフェクトをサラウンドサウンドトラック上で使用したいサウンドデザイナーに

新しいHDTVサラウンド規格用にアーカイブ素材をアップデートするエンジニアに

バーチャルインストルメントを5.0/5.1出力したいキーボーディストに

爆発音や地鳴り音、街頭の騒ぎをLFEエフェクトで強調したいポスプロのスペシャリストに

ステレオソースをサラウンドにリアルタイムでコンバートする必要がある録音技術者に

UM225/UM226はもっともバーサタイルで、今ある中でもっともよくベストなクオリティを提供する、Stereo-to-Surroundプロセッサーです。

Waves V14製品 動作環境

Mac 対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2022.4 (AAX Native、Audiosuite)
  • Logic Pro X, 10.7.4 (Audio Units)
  • Digital Performer 11 (Audio Units)
  • Ableton Live 11.1 (VST3)
  • Nuendo 12 (VST3)
  • Cubase 12 (VST3)
  • Main Stage 3 (Audio Units)
  • Garage Band 10.4.6 (Audio Units)
  • Audition 22 (VST3)
  • Premiere Pro 22 (VST3)
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 12 (VST)
  • Maschine 2 (VST)
  • Komplete Kontrol 2 (VST)
  • Bitwig Studio 4 (VST3)
  • Luna 1.2.7 (Audio Units)
Windows 対応DAWソフトウェア
  • Pro Tools 2022.4 (AAX Native、Audiosuite)
  • Ableton Live 11.1 (VST3)
  • Nuendo 12 (VST3)
  • Cubase 12 (VST3)
  • Cakewalk by BandLab 2021 (VST3)
  • Audition 22 (VST3)
  • Premiere Pro 22 (VST3)
  • Samplitude Pro X6 (VST3)
  • Sequoia 15 (VST3)
  • Pyramix 14 (VST3)
  • Studio One Professional 5 (VST3)
  • FL Studio 20 (VST3)
  • REAPER 6 (VST3)
  • Reason 12 (VST)
  • Maschine 2 (VST)
  • Komplete Kontrol 2 (VST)
  • Bitwig Studio 4 (VST3)
対応Videoソフトウェア
  • Premiere Pro 22 (VST3)
Mac
  • CPU:Intel Core i7 / i9 / Xeon-W / Apple M1(ClarityおよびCOSMOSを除く)
  • メモリ: 8 GB RAM(16GB以上推奨)、16 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS:10.15.7、11.6.5、12.3.1
  • “Metal”対応グラフィックプロセッサ搭載の以下のモデルに対応 (Metal詳細について)
    • MacBook 2015以降
    • MacBook Air 2012 以降
    • MacBook Pro 2012 以降
    • Mac mini 2012 以降
    • iMac 2012 以降
    • iMac Pro
    • Mac Pro 2019以降(MacPro2015以前のモデルについては、Metal対応モデルも含めてサポートされません)
  • Apple Silicon MacモデルについてはM1プロセッサ対応状況をご覧ください。
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
Windows
  • CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon (Gen 5 以降) / AMD Quad-Core
  • メモリ: 8 GB RAM、16 GB 以上の空きシステムドライブ
  • OS: Windows 10 64 bit(21H2)、Windows 11 (21H2)
  • ディスプレイ解像度: 最小: 1024×768、推奨: 1280×1024 / 1600×1024
ご注意

上記動作環境はWaves製品全般に関する内容であり、製品により対応状況が異なる場合があります。対応ホストアプリケーション、および個別プラグインの特記事項を合わせてご確認ください。

ご購入前にご利用環境における動作確認などをデモバージョンにてお試しいただく事をお勧めいたします。7日間のデモ期間中は製品の機能に制限なくご利用いただけます。ご利用方法はこちらのページをご参照ください。

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。

オススメ商品