Cinesamples / CineHarpsichord【★1624年製Iohannes Rückers Colmarチェンバロを現代風にアレンジ!★】

Cinesamples / CineHarpsichord【★1624年製Iohannes Rückers Colmarチェンバロを現代風にアレンジ!★】
Cinesamples / CineHarpsichord【★1624年製Iohannes Rückers Colmarチェンバロを現代風にアレンジ!★】

※こちらの商品はメール(シリアル納品)でのご案内となります。

注意:本商品は、ソフトウェアライセンスという性質上、返金・返品は一切できませんので、予めご了承ください。

¥15,800 (税込)

数量

CineHarpsichordは、ロサンゼルスのSony Pictures Studiosにある伝説的なMGM Scoring Stageで手作業でサンプリングされた、1624年製Iohannes Rückers Colmarチェンバロを現代風にアレンジ。

4つのストップと3つの異なるサウンド・キャラクターを持つシネ・ハープシコードは、スコアリングやクラシックのアプリケーションに適しています。

チェンバロのパッチは3種類あり、それぞれ独自のミックスをベースにしています。

・01 CineHarpsichord

・02 バロック

・03 ヴィンテージ

メインミックスの01 CineHarpsichordには、他のライブラリと同様にFULL、CLOSE、ROOM、SURROUNDの各ミックスが収録されています。 左のミックス・プリセットを使えば、Tim’s Mix(メイン・ミックス)、Dry and Close、Orch Left and Right、そして保存可能なカスタム・ミックスと、様々なミックス・パースペクティブに対応できます。
チェンバロはパーカッシブな楽器なので、典型的なフラミング効果を防ぐために、クロースマイクにディレイをかけて、ルームマイクやサラウンドマイクと時間軸を合わせています。 このディレイは FULL ミックスと CLOSE ミックスに適用されている。

02 バロックミックスは、遠近感、イメージ、音色の形状など、あらゆる面で非常に特殊です。 そのため、ステレオフェーダーは1本で十分です。 よりアンビエントなミックスで、よりシルキーな距離感を出すためにタイムアライメントディレイを使わず、クローズマイクのタッチを活かしたミックスです。

03 Vintage ミックスもあらゆる面で非常に特殊であるため、ステレオフェーダーは 1 本で十分です。

このミックスは、テープエミュレーションと、Chandler EQや真空管ハーモニックディストーションを含むディスクリートアウトボードアナログ処理により、より近い視点を優先しています。

Kontakt 5.6.8以上が必要です(無償のKontakt Playerと有償のフルバージョンKontaktの両方に対応しています)。

・インストール時に8GB以上のハードディスク空き容量が必要です。インストール後のライブラリサイズは約4GB

・最小4GBのRAMを推奨

Kontakt 5.6.8最小システム要件

・Mac OS X 10.11~10.13(最新版)、i5。

・Windows 7、Windows 8、またはWindows 10(最新のサービスパック、32/64ビット) Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon 64 X2

Kontakt 5.6.8対応インターフェイス

・Mac OS X(64ビット版のみ)。スタンドアロン、VST、AU、AAX

・Windows (32/64ビット): スタンドアロン、VST、AAX

他のCineSymphonyライブラリーと同様に、CineHarpsichordライブラリーは追加のサンプル再生ソフトを購入する必要がなく、Native Instrumentの無償Kontakt Playerで動作するようにライセンスされています。 Logic、Cubase、Digital Performer、LIVE、Pro Tools、Cakewalk、またはApple GarageBandなどのシーケンサーがあれば、すぐに使用できます。また、CineStrings SOLOは、SibeliusやFinaleなど、お気に入りの楽譜作成ソフトウェアでも使用できます

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。

オススメ商品