JBL / 104-BTW-Y3

JBL / 104-BTW-Y3
JBL / 104-BTW-Y3

お取寄 ※納期に関して:お問い合わせ頂いた際に納期をご案内させて頂きます。

お問合わせページよりお問合わせください。

¥19,602 (税込)

お取り寄せができます

数量

104-BT-Y3は、クラスを凌駕する原音再現能力を獲得した同軸パワード・スタジオモニター「104-Y3」のBluetoot入力対応モデルです。高い評価を受けているサウンドはそのままに、スマホ等の音源をワイヤレスで再生できるため、音楽制作の効率がアップします。色は黒と白を用意しました。

Bluetooth入力に対応

スマホ等の音源をケーブルでつなぐことなくワイヤレスで流せるので、音楽制作の効率がアップします。Bluetoothのバージョンは通信範囲が広くデータの転送速度も速い5.0を採用しました。

作品の品質を引き上げる、クラスを凌駕する原音再現能力。

低域ドライバーの中心に高域ドライバーを配した同軸構造のスピーカー・ユニットを新たに開発。明確な音像定位とクリアで色付けのない自然な音質で、原音を忠実に再現します。
背面のバスレフポートは低域ドライバーと厳密に連携し、音量レベルに影響されることなく精確な低音を出力。再生周波数帯域は60Hzにまで達し、サブウーファーなしでも量感のある低域を再現します。
内蔵パワーアンプはクラスD 30W+30Wの高出力で、ドライバーの性能を最大限に引き出します。小型ながら最大音圧レベルは104dB SPLを達成しました。

同軸構造のスピーカー・ユニット

背面のバスレフポート

卓上のPCをベースとした近年の制作環境にマッチする、優れた設置性能。

極めてコンパクトでモニター横のわずかなスペースに収まります。
卓上に直接置いた時に精確なモニター性能を発揮できるように、指向角度を120°×120°にまで広げてリスニングポイントを大幅に拡張。正面から多少外れても音質やバランスを正確に決定できるため、本体を傾けたり無理な体勢をしなくても音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。
底面には、振動による音質の劣化を抑えるゴム製のパットを装備しました。
全ての機能をマスタースピーカーに集約しているため、エクステンションスピーカーは電源が不要で配線がシンプルに行えます。

モニター横のわずかなスペースに設置可能

使い勝手に優れ、ストレスのない制作環境を構築可能。

前面には入力選択ボタンを配置。Bluetoothをはじめとする各入力を個別に選択できるのはもちろん、全ての入力をONにすることも可能です。音量調整つまみやヘッドホン端子、PC等を気軽に接続できるステレオミニフォーンの入力端子も前面に搭載しています。
背面には、出力レベルの高い業務機用のバランス型標準フォーン入力端子と出力レベルの低い民生機用のRCA入力端子を備えており、接続機器に応じて選択可能です。
ミニフォーン⇔RCAの接続ケーブルやスピーカーケーブルが付属し、購入後すぐに使用できます。
未使用時の消費電力を抑える、スタンバイモードを備えています。

前面には入力選択ボタンを新たに配置

マスタースピーカー(左)とエクステンションスピーカー(右)の背面

仕様

周波数レンジ(-10dB) 60Hz~20kHz
指向角度(水平×垂直) 120°×120°
最大音圧レベル(Cウェイト) 104dB SPL
ドライバー構成 LF 4.5インチ(114mm)
HF 0.75インチ(19mm)
クロスオーバー周波数 1,725Hz
パワーアンプ※ 30W×2、Class D
入力※ 端子・形式 ステレオ標準フォーン(3P)【バランス】
ステレオRCA【アンバランス】
ステレオ・ミニフォーン【アンバランス】
最大入力レベル ステレオ標準フォーン:+20.3dBu(+4dBu)
ステレオRCA:+6dBV(-10dBV)
ステレオ・ミニフォーン:+6dBV(-10dBV)
スピーカー入出力端子 バネ式
Bluetooth 通信方式 Bluetooth標準規格Ver.5.0
最長通信距離 見通しの良い状態で約30m
対応プロファイル AVRCP、A2DP
対応コーデック AAC、SBC
電源※ AC100V、50/60Hz
消費電力(1/8出力、ピンクノイズ) 5W
寸法(W×H×D) 153×247×125mm(除突起部)
質量 2.1kg(マスタースピーカー)
1.8kg(エクステンションスピーカー)
付属品 ステレオミニフォーン⇔RCAケーブル(約1.5m)、
スピーカーケーブル(約2m)、電源コード、和文取扱説明書


※マスタースピーカーのみ

店頭にてお試し可能です!

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。